男の陰毛脱毛の

危険な自己処理はやめるべし!

チン毛が多すぎてペニスにひっかかりイテテテテ・・・
肛門周りをトイレットペーパーで拭くと毛に絡んで上手く拭けない・・・など
チン毛を面倒に思い、自己処理をしている男性もいるでしょう。

 

チン毛の自己処理法で最もメジャーなのが、カミソリ。ササッと剃るだけなので特別な技術もいりません。
ただし、すぐ伸びてきます。そして、その伸びてきたころに襲ってくる強烈なかゆみ。
簡単な自己処理法だけに、デメリットも多くついてくるのが難点です。

 

次にメジャーなのは、毛抜き。これなら、カミソリほどすぐ生えてくることはありません。ただ、ひたすた痛い。とにかく痛いですよね。また、生え始めの毛が皮膚の中で埋もれてしまう現象が起きやすいのも事実です。

 

これを毛嚢炎といいますが、自己処理をする誰にでも起きうる症状なのです。

 

毛が皮膚に埋まり、ニキビの様な軽い炎症で済む場合もあれば、強い痒みや痛み、しこりを伴う場合もあります。
抗生物質やステロイド剤の使用で症状は改善しますが、陰部というデリケートな部分だけに、あまり強い薬を使いたくないというのはありますね。、

 

では、薬局で市販されている除毛クリームはどうでしょう?
これはもっともおすすめできません。強烈な薬剤で毛を溶かしていくのです。毛抜きのように毛根から抜くのではなく、カミソリと同じように、あくまでも処理されるのは皮膚表面上の毛なので、これまたすぐ伸びてきます。カミソリを同じ短いサイクルで生えてくるだけでなく、薬剤による肌への負担も相当です。

 

そしてこれらの自己処理で気を付けたいのが感染症。除菌されていない脱毛器具を安易に使い、脱毛処理した所から感染を起こし、毛穴が膿んでしまうという例もすくなくありません。

 

たしかに、手軽に自分の家で脱毛できるのは楽ですが、効果が短すぎること、そして危険が多いことを考えると、いつまでも面倒な自己処理を続けるのは理想ではありません。